『資本論』第一巻を読む V:第3回

  • 日 時:2018年6月28日(木)19時-21時
  • 場 所:文京区民センター 2階 E会議室
  • テーマ:『資本論』第1巻 第22章第2-5節

第3周の木曜から第4周の木曜に変更しました。会場費500円です。ご自由にご参加ください。

第22章「剰余価値の資本への転化」その2

 

1. 概要

1.1. 第2節 拡大された規模での再生産にかんする経済学上の誤った見解

最初の2段落で、蓄積を「収入」を「生産的労働」に支出することだと捉えた、古典派の正しい側面を評価した後、これに続いて第3パラグラフ以降で、古典派、特にスミスの犯した誤りを批判してゆきます。

批判は、2段階でおこなわれていますが、基本は2段階目です。

  1. 第1段:蓄積はすべてvに投下されるのではなく、cにも投下されなくてはならないこと
  2. 第2段:蓄積されたc1も、v2+c2 となり、このc2をどんどん分解してゆくと、すべて「生産的労働」によるv+mになる。

第1段は、見てすぐわかるように誤りです。スミスもこの意味でいっているのではなく、第2段の意味で、蓄積された資本はすべて「生産的労働」に支出される、といっていると考えるべきでしょう。そして、この「cのv+mへの還元」はΔGが投じられる蓄積部分にかぎる話ではなく、生産物全体に関して、その価値を構成するc+v+mのうち、不変資本cはすべて生きた労働v+mに還元されるという「スミスのドグマ批判」(『資本論』第2部第19章「対象についての従来の諸叙述」とくに第2節「アダム・スミス」)として再論されています。

第2巻を読むときに申しあげればよいことかもしれませんが、マルクスによる「スミスのドグマ批判」について、私の批判を摘記しておきます。

  • 「c+v+m のcを次々にさかのぼって分解すればv+mになる」という命題Pは正しい。c->0 は c=0 とは違うという問題は、数学の「極限」の話になりますが、基本的にcはゼロに収束するはずです。
  • 「生産系列をさかのぼってゆくと、その末端に生産手段ゼロの生産過程が実在する」という命題Qは誤りである。第2部で批判されたスミスの、いわゆる「スコットランドの瑪瑙採取」型の労働過程がないとv+mへの還元はできないということにはならない。

命題Pは、「商品の価値は、その生産に直接・間接に必要な労働時間によってきまる」という命題Rと同値です。命題Rが真かどうかは別にして、これを認めておいて、命題Pを否定するのは、排反律に反する矛盾です。

命題Qについていうと、もし極限まで分解できるなら、このc->0のところでは、生産手段が限りなくゼロの生産過程、瑪瑙採取型のv+mだけの生産過程があるはずだ、と思うかもしれませんが、これは錯覚です。ここではcだけがゼロに収束すのではなく、同時にv+mもゼロに収束しています。全部が小さくなるので、cだけが小さくなるのではありません。虫眼鏡で拡大してみると、はじめのc+v+mとよく似たかたちの、小さなc+v+mが見えるはずです。

この錯覚は、放置しておくと、重大な誤りに生みます。宇野派のドグマです。「価値法則の論証」が、労働時間に比例した交換の必然性を積極的に明らかにする試みとして、1960年代後半から、宇野弘蔵の『経済原論』における「価値形成過程」の解読というかたちをとって、宇野弘蔵の継承者の間で広くおこなわれるようになりました。労働力商品を資本主義の基本矛盾だと主張したことの外延として、労働力の「再生産」を維持することが「経済の原則」だと捉え、剰余労働がまだおこなわれていない「価値形成過程」つまりc+vだけで構成されている社会的再生産を想定し、ここで「もし労働力が再生産されるとすれば、労働時間に比例した生産が必要不可欠である」という命題をもって、価値法則の論証、労働価値説のコアを明らかにするという考え方です。ここでは生産手段のcの間の交換が問題になるわけすが、スミスの瑪瑙生産と同様に、cをc+vに分解して、その末端になぜかcのない生産過程がおかれています。

些細なことに見えるかもしれませんが、労働価値説のコアある考え方、再生産に不可欠な「補填」関係が、需要供給に先行して商品間の交換比率を規制する力をもついう客観価値説(労働価値説はさらに追加条件が必要な部分集合)の根本に関わります。この規制力の原因となるのは、労働力の補填なのか、生産手段の補填なのか、宇野派の論証はcを分解することで(できないことではありませんが)、けっきょく労働力の「補填」が価値法則の源泉だ、という主張になっています。いわゆる「単系列」論による論証です。

しかし、労働力はもともと生産・再生産されるものではありません。「絶対的剰余価値の生産」が剰余価値の第一原理だ、ということ自体、労働力にどれだけ投入すれどれだけ産出されるのかに、本源的弾力性があり、生産技術的な一意性がないという命題に立脚しています。必要生活手段の補填を基盤とすることは、客観価値説のコアをなす再生産をしばる生産技術の一意性を曖昧にすることになります。私の結論は、客観価値説を論証する場合の基本は、生産手段の相互補填のほうにある、というものです。これがコアで、労働力に関しは労働市場と生活過程が資本主義的に構成されることを前提に、このコアと同等の原理が貫かれるようになると考えています。

「客観価値説」を論証するとすれば、それは、賃金率決定の原理が与えられれば、生産技術だけで利潤率を均等にする生産価格がきまる、という味も素っ気もない命題になります。基本は、スラッファや置塩信雄さんが早くから明確していたことで、ここまで退けば、市場の一般均衡論をベースにした新古典派のミクロ理論に対して一歩も引けをとらない、頑健な価格決定論が構築できるということになります。ただマルクス経済学の本領は、この価格決定論のうえに、「商品在庫と貨幣が常駐する市場の理論」を構成できる点にあり、それは資本主義経済の歴史的な構造変化すなわち「変容」を説明する基礎理論として不可欠な要素だ、というのが私の結論です。

話がかなり広がりすぎましたが、①v+mへの還元自体は正しいこと、ただそれは②cがゼロの生産過程を必要としないこと、逆に③cがゼロの生産過程を想定して「価値法則の論証」を労働者による生活手段の「買い戻し」に求めたことは誤りであったこと、を述べてみました。

1.1.1. クイズ

最後にクイズをだします。この節は、単一の文からなる次のパラグラフがで終わっています。

なお、純生産物のうちから資本に転化される部分がすべて労働者階級によって消費されるというA.スミスの命題を、経済学が資本家階級のためにぬかりなく利用したのは、自明の理である。

  1. この「経済学」は、だれの経済学を念頭においたものでしょうか。人名を答えてください。
  2. どのように「利用した」のでしょうか、具体的に説明してください。

けっこう難しいかもしれません。論理だけで答えることはできませんから。私はこうしたクイズは苦手です。ただし、いままでいっしょに第1巻を読んできた人には、もう見当がつくと思います。正解はここにあります。

カテゴリー: 『資本論』を読む パーマリンク

コメントを残す