投稿者「admin」のアーカイブ

「資本の概念と株式資本」について

yazima さんからobataの「資本の概念と株式資本」に関して、コメントがございました。ここに移しておきます。対象になっているのは、obata の大学業務のページの一覧表にあるように、2005年に大東文化大学で開催された「経済理論学会第53回大会」における報告論文です。


  1. 「資本の概念と株式資本」の中に、下記の文章があります。資本が商品で投下される、とはどういうことを指していますか?生産者が生産物を市場に出す、ということですか?それとも資本の循環運動図式で、商品を出発点とみる、ということですか?いずれにせよ、(「商品」は貨幣から始まる資本の価値増殖運動の一部における一時的な姿態にすぎないのだから)「貨幣ではなく商品が」資本として投下された、とみるのは、無理があるように思います。

(小幡の回答){資本の運動は、資本の投下、前貸によってはじまる。投下された資本額の確定は必要であるが、それは商品で投下されることもある。必要なのは、いつ、いくら投下したか、を明確にすることであり、資本の投下と貨幣の支出とは別個のことである。}

  1. 「貨幣の増殖」と「価値増殖」はちがう、という指摘は、言われてみればその通り。「貨幣の価値」は変化するから、貨幣が増えても価値が減ることはありうる。このことと「資本は回収が目的ではない」は、どう関係するのか?
  2. 投下貨幣の回収によって価値増殖が実現する、と考える必要はない、と書かれています。これも、言われてみると、思い当たる節がある。これだけ世界的にマネーの増発が(QEで)拡大してしまうと、もはや「回収」はしたくてもできなくなる。といってデフォルトさせるわけにも行かないから、さらなるQEで救済する。「投下資本の回収」ではなく「利潤の回収」が目的になる、ということでしょうか?
    矢沢国光

『資本論』の読書会をはじめました

とつぜん、「『資本論』を読む」という読書会の参加者向けの記事をかきはじめたので、なんだかわからないと思いますが……

本研究所の事業として、今年も『資本論』の読書会をはじめました。といっても今回は、間借りして出前です。第3水曜日の午後7時から9時まで中野でやっています。参加はいつでも歓迎しますが、場所代が必要です。詳しくは以下をご覧ください。

変革のアソシエ講座

 

『資本論』第一巻を読む 第1回

次のようなちょっとかたっ苦しい「趣旨書」を提出してはじめてみました。

「マルクスの著作は、二〇世紀の世界の根本を解き明かしたものとして広く支持され読み 継がれてきた。しかし、ソ連型社会主義が崩壊し、資本主義も大きく変貌しつつある今日 の世界を理解するためには、これまでマルクス主義の名で語られてきたさまざまな常識を 根本から問いなおしてゆく必要がある。この講座では、マルクスの学説の基礎の基礎に立 ちかえり、今日の視点から『資本論』を読み返すことで、資本主義とは何か、新たな原理 像をあらためて考えなおしてゆく。旧来の通説はすべてカッコに入れ、限られた回数では あるが、マルクス自身が自ら刊行することのできた第一巻を対象にして、ポイントとなる テキストを直接精読することにする。大学の講義ではなかなか話せなかった『資本論』に おける「イデオロギー」論などにも自由に論及してみたい。難解な用語に難解な「解説」 を加えるのではなく、だれでもわかるように批判的に読んでゆくことにつとめたい。」

続きを読む

資本主義 — 現在・過去・未来 —

本研究所の事業ではありませんが、先日所員の小幡が「独占研究会」というところで話をしてきたそうです。この研究会、第475回だっていっていましたから、月一のペースでやっても40年ちかく続いていることになります。

「資本主義 — 現在・過去・未来 —」なんて、大げさなタイトルで思わず吹きだしてしまいましたが、当人は至極まじめな様子….内容についてはgflogoレジュメをご覧ください。

当日報告の最後に、「未来」っていうことで、「社会主義」とちょっと口走ったら、とたんに異論噴出、「なんか、一言、『社会主義』ってきくだけで、とたんにテンションがあがる、そういう世代がまだいらっしゃるのですね….」と感慨ぶかげな顔をしていました。