昔も今も」カテゴリーアーカイブ

銀座経済学研究所

少しずつですが開店の準備を進めています。研究所といっても、大学院でやってきたようなゼミができる場を都心につくろうっていうだけなんですが、そう思うようになったわけは…

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

「自著を語る」を語る

「自著を語る」というタイトルで原稿を依頼され、『労働市場と景気循環 — 恐慌論批判』についてこんなこと(『変革のアソシエ』No.24,2016.4.)を、恥ずかしげもなく恥ずかしながら、書いてみました。なんで … 続きを読む

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

最終講義

というわけではないようですが、 なんでも、小幡道昭「経済原論」の最後の授業があるそうです。 テーマ:「資本主義のゆくえ」 日時:12月22日 午後3時00分〜4時30分 場所:東京大学 駒場キャンパス 1106教室 (正 … 続きを読む

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

ちょっと変わったまんまの経済原論

6年前にまとめた『経済原論』ですが、そろそろ思い切って変えなきゃ、と思いつつ、つまらぬ学派的シガラミにとらわれ、グズグズしています。早くしなくっちゃ…. ところで、この本をだしたときに、コマーシャルのために書 … 続きを読む

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

今は昔…

5月30日に「世界資本主義フォーラム」 で話してきました。あらかた一期一会の方々でしたが、いくつかコメントをいただきました。 「マルクス経済学に一言」に一言 私の記憶に誤りがなければ、東欧社会主義に関する論文を次々に雑誌 … 続きを読む

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

背を向けてたつ

「背を向けてたつ」って、私にはカッコよくきこえるのですが、この書名は、そんな後ろ向きの人間には、どうにも直視できなかったようで、本棚を整理していたら、ひとり背を向けて、いや一冊後ろ向きに突っ立ておりました。 そういえば、 … 続きを読む

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

懐旧の念なお止み難く

これまた旧友に乞われるまま….   あの頃 ただ私の記憶が定かなら、その旧友の姓、中野に非ず、なー、ナガノ。名もまたマサオの逆読みとは ….ややこしぃ  

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

時代の風が吹いていた

思い返せば、いろんなことがありました。学生新聞に昔のことでも書くよう、たのまれるがまま、こんな記事をのせてしまいました。はじめのところに忘れ難き亡友S君が登場します。 青春の一冊 利いた風、って書いたら、気を利かせて、聞 … 続きを読む

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

亡友忘れ難し

整理していたらこれもでてきました。忘れられない友達への追悼文です。 S君を偲ぶ

カテゴリー: 昔も今も | コメントする

そろそろ整理しなくては….

銀座に引っ越しするのはいつのことやら。でも、せめて準備だけでも….と思って、本だなを整理していたら、いろいろでてきました。数年まえに教科書をだしたときの広告文なんかも….. 捨てるまえに、ここに貼 … 続きを読む

カテゴリー: 昔も今も | コメントする