カテゴリー別アーカイブ: 昔も今も

ちょっと変わったまんまの経済原論

6年前にまとめた『経済原論』ですが、そろそろ思い切って変えなきゃ、と思いつつ、つまらぬ学派的シガラミにとらわれ、グズグズしています。早くしなくっちゃ….

ところで、この本をだしたときに、コマーシャルのために書いた雑文、読めくなっているよ、とご注意くださった方がいらっしゃいました。1992年から永らくご愛顧いただきましたサーバー http://georg.e.u-tokyo.ac.jp は勤務先のセキュリティ管理がきつくなったので廃盤としたため、この間しばらく読めないままになっておりました。ここの「ちょっと変わった経済原論」(『UP』445, 東京大学出版会 2009年11月号)に貼ってあります。コンテンツはこちらの公開ページに移しました。

さて、この雑文の41頁で次のように書いたのですが、これが「マルクス経済学に一言」に対する私の「一言」ということになります。

ところが、二〇世紀末にはじまった冷戦体制の崩壊は、プレートそのものの大転換であった。新たなプレートを突き動かすマグマは、冷戦体制のもとで右からも左からも低開発を強いられてきた地域・国家における資本主義的発展であった。これをグローパリズムとよぶとすると、社会主義諸国の崩壊と先進資本主義国を席捲した新自由主義の台頭は、みなこの同じプレート上での地殻変動であった。

「雑文」を口実に、いろいろ言いたいことは言ってしまった感じです。「どうもあいつは何を考えているのかわからない」という方は、ひとまずこれをご覧ください。賛否はともかく、私が考えようとしている方向はわかるはずです。今は昔、なんて「そんなことは知りたくない」と思っている人を除けば…