カテゴリー別アーカイブ: 未分類

仮想通貨の貨幣性・非貨幣性

2018年度の経済理論学会大会が10月13-14日に立命館大学で開催されます。この大会での報告論文 ver. 0.254 です。報告用スライドも掲示しておきます。仮想通貨そのものの分析ではなく、こうした現象を理論的に分析する方法論が中心内容です。ちょっと誤解をまねきかねない、きわどいタイトルかもしれません。

… ということで一昨日(2018年10月13日)発表してきました。口頭発表用の短い原稿も準備したのですが、時間制限がシビアで、最後の8頁(肝心の仮想通貨を多態化の「フェーズ I → フェーズ II」 で説明した部分)を話す時間がありませんでした。

■ 大会共通論題で半田正樹さんの「グローバル資本主義の『資本主義度』を問う」という報告をききました。最近のキーワード として、グローバリズム、市場原理主義の浸潤、情報資本主義、経済の金融化、経済原則の欠壊、生態系の毀損 の6つを手際よく解説したあと、要するに、いずれのキーワードをみても、資本主義が資本主義たりうるに要する「資本主義らしさ」が低下し「亜資本主義」に化しつつある、という話でした。私はきいているうちに、だんだんとデジャブに陥りました。でてくるキーワードが目新しいので、はじめ、わからなかったのですが、「あ、そうか、資本主義の不純化論のニューバージョンか」と納得しました。

資本主義が本来の資本主義から乖離し非商品経済的な要因への依存を高めているという不純化論は、宇野弘蔵の場合には帝国主義戦争に結びつけられていたのですが、その後、戦後の冷戦構造のもとで、インフレ型国独資論や福祉国家論など、別のかたちで宇野支持者の手で再版されてきました。私はこうした話をききながら育ってきたので、新しい現実に直面したとき、不純化という発想になるのはよくわかります。が、一度目は悲劇として、二度目は茶番として、ということもあります。「経済原則をみたしてきた昔の資本主義はそれなりにまともだった、それに引きかえ、今の資本主義は…. 」という一種のノスタルジアでしょうか。

私はこのムードに最後まで馴染めませんでした。「昔も今も、資本主義はそれなりに新しいものとして勃興するのだ」(多重起源説)と反発し、そのベースになるような新しい原理論を組み立てること(変容論的アプローチ)に専念してきたのです。半田さんの報告はよくできているので、おそらく宇野支持者にも、また反対者にもわかりやすいものだったろうと思います。なにせ、お互い、わかっていることに結びつけられる話ですから。「継承」とか「発展」とかいうのでしょうか。「批判」「切断」型の私は、きいているうちに視野がどんどん収縮してゆくような気がして、思わず知らず「ずいぶん遠くにきたものだ」と一人つぶやきながら会場をあとにしました。

『資本論』150年

先日『資本論』150年記念の講演会があり、報告してきました。
報告論文はかなり長いものとなったので、それを40分の報告時間にあわせて短縮した、口述原稿およびスライドをここに載せておきます。

『資本論』がこれまでどのように受容されてきたのか、異なる歴史的状況のもとでの「読まれ方」を客観的に見なおすことで、その履歴のうちに『資本論』の今日的意義もはじめて読みとりうる、というアプローチを試みてみました。過去の「読まれ方」をただ誤解誤読だと切り捨て、『資本論』の未定稿のうちにマルクスの「真意」を探るというアプローチには、どこかかけているところがある現代という、まだ全貌がよく見えていない歴史的状況によって規定された、読み手の主観性が、やはり客観化できていない、そういう限界があるのではないか、これが「資本主義の歴史的発展と『資本論』の読まれ方」というタイトルにこめた思いです。

では、こうしたアプローチでなにがわかるのか。一言でいうと、①20世紀の「マルクス=レーニン主義」が意味をもった歴史的プレートが新たなプレートと交替を遂げつつある歴史的状況のもとで、②さまざまなかたちで生みだされてくる、現実の社会民主主義的な運動を「社会主義」とよびうる、そんな資本主義の原理像が読みとれる、これが結論です。”本当の『資本論』にはこう書いてある”という話ではなく、”歴史的な著作として『資本論』を批判的に読むことで、こうした「空白の社会主義」を抱え込んだ資本主義像が浮かびあがってくる”という話です。もちろんこの結論自身もまた、私の主観的な「読み方」にすぎませんが。

講演の後、”『資本論』前50年、元年、50年、100年、150年の話は「技能賞」もの、ただこの「結論」さえいわねばネ…”、 ”君にしてはめずらしくわかりやすい話だった、あの「結論」はべつとして…”などと、懇親会の席で褒められたのやら、からかわれたのやら …とはいえ ”わかりやすい話をするようになっちゃ、「原論屋」もそろそろ店じまいですかネ ….”などと、素直になれない性分は相変わらず。

ただこの夏、報告論文をつくりながら、日本における『資本論』の特殊な「読まれ方」に興味を覚え、とくに河上肇の『経済学大綱』と宇野弘蔵の『経済原論』の対比などするなかで、自分が30年あまり大学で講義をしてきた「経済原論」とはなんだったのか、少し客観視できたような、そんな気がして、暑いさなか、一瞬の清涼感を味わえたのはたしか、チョッとは大人になったのかも。自分が何をやっているのか、それは後にならぬとわからぬもの、そして、自分が今回、なぜこんな報告をしてきたのかも….